All Posts By

nao

In FEATURED/ LIFESTYLE

コロナ禍緊急事態宣言の最中で父の日をお祝いする方法

6 14, 2021 By

いつもの父の日であれば、レストランでお食事したり、野球観戦のチケットを買ったり、あるいはテーマパークに行ったりして、お父さんをお祝いするのかもしれないのですが、今年はコロナ禍により、例年とは異なる状況になっています。いくつかの県では緊急事態宣言が解除されたものの、多くの地元企業はまだ営業しておらず、父の日にお気に入りのレストランでブランチを食べたり、近くの映画館に行ったりといった、日常が難しくなっています。それでも、お父さん、おじいちゃん、お義父さんなど大切な人にはお祝いしてあげたいものです。 すでに家でお父さんと一緒に暮らしているのであれば、是非このブログを参考にして、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、家での休日をお祝いらしくする方法を考えてみてはいかがでしょうか。 また、父の日を一緒に過ごせないのであれば、物理的に離れていても楽しめるバーチャルな方法を検討してみてください。いずれにしても、このアイデアは、あなたの人生の中でお父さんが必要としている「愛されている」「感謝されている」という実感を与えてくれるはずです。 ボリュームのあるブランチを料理 スクランブルエッグ、ベーコン、ベーグルの盛り合わせなど、王様にふさわしいごちそうでお父さんの一日をスタートさせましょう。モーニングコーヒーを忘れずに!        2. 家族でゲーム大会を企画 スクリーンタイムにうるさいお父さんには、今年の父の日には、家族みんなの絆を深める時間をプレゼントしましょう。みんなをスクリーンから離れるように説得したら、ボードゲームで対戦したり、複雑なジグソーパズルでどれだけ協力できるかを競ったりしましょう。どのゲームから始めるか、お父さんに選んでもらいましょう。        3. スイーツでお父さんの心を奪う お父さんとの関係よりも甘いものといえば、父の日に作るケーキです。お父さんの好みに合った味を探し、お父さんの趣味に合わせたデコレーションを施しましょう。        4. スポーツ史に残る名勝負を振り返る 他のイベントと同様、ほとんどのスポーツイベントは当分の間、休止状態にあります。しかし、父の日にテレビの前に座り込んでチームを観戦するタイプのお父さんなら、ベストゲームを探し出して、一日中マラソンを楽しんでみてはいかがですか?お父さんのためにも、マラソンの最後は必ず勝利で締めくくってください。         5. 裏庭にテントを張る…

Continue Reading →

In FEATURED/ LIFESTYLE

子育てしながらできる産後エクササイズのやさしいプラン

1 11, 2021 By

娘を出産してもうすぐ20ヶ月になります。   出産直後は旦那さんと三人きりということもあってかなり疲れてて、授乳もできず、運動もできず、散歩にも行けなかったくらい。だからすぐには体は戻らなかったけど、とにかくのんびり、ゆっくり、無理しない程度に徐々に運動し始めました。 産後7週目の頃、日本に帰省して母の手作り薬膳産後食をたくさん食べて、体を中から回復できた事が一番効果あったんじゃないかと思います。 産後はまず一日一日を大切にして、たくさん赤ちゃんを抱っこして、プレッシャーから自分を解放してあげることが大事だった気がします。メルボルンに暮らしていると皆がのんびりしてるので、きっと日本に居る時よりプレッシャーの意味ではかなり楽だったような…。母親となった今は、とにかくリラックスすることを第一優先して。(これが結構難しい😣) 赤ちゃんと一緒に新しいルーティンを作っていくうちに、スケジュールの隙間を見つけて運動する時間が確保できるようになっていきました。 最後にリクエストに応えて、産後エクササイズのタイムラインの例をご紹介させて頂きます🧘🏻‍♀️💕 産後のタイムライン0-12ヶ月 0-3ヶ月 とにかく良い食事 骨盤底筋の活性化 産後の姿勢を改善する 15分からのウォーキング開始 3-6ヶ月 30分 バレエ・バー 30分ダンストーン 30分ヨガストレッチ 6-9ヶ月 6時間連続睡眠の場合、妊娠前のワークアウトに戻る 9ヶ月~12ヶ月 強度を上げて身体と心の回復させる 次の妊娠に向けて食生活に気をつける   焦らす、ゆっくり、諦めずに、楽しんでエクササイズできると良いですね。…

Continue Reading →

In FEATURED/ LIFESTYLE

緊急事態宣言、外出自粛のなか、自宅で過ごす12の方法

4 8, 2020 By

遂に日本でも緊急事態宣言が出て厳しい外出自粛の生活が始まったよう。こちらメルボルンでは罰則付きの外出禁止令が言い渡されてもうすぐ3週間。10ヶ月の赤ちゃんがいても公園に行くことや、一緒に暮していない限りは自分の両親やおじいちゃんやおばあちゃんに会うも禁止されていて、食料の買い出しとお医者さんに行く以外は家を出ていけない事に。もし違反してるところ捕まった場合1600ドル、日本円にして13万円の罰金もしくは半年の懲役が言い渡されます。とてもシビアな状態で、オーストラリアではこれが3ヶ月続くと言われています。そんな中、これから3ヶ月どう過ごしていくか、様々なアイデアをあげてみて、この3週間でほとんど実践してみました。皆さんも試してみては?   1. ホームスパ、ホームエステ、セルフネイル:疲れが溜まってきたら旦那さんに娘を見てもらって、マッサージやネイルサロンに行ってストレス解消という所なのですが… もうそれはしばらくの間できません!ならば、せめて自宅でサロン気分を味わおう!私は娘が寝静まった後足湯をしてます。普段自分ではしないセルフネイルも。キャンドルの火を灯して、リラックスする音楽をかけて、ワインかハーブティーを飲みながら、自宅でセルフサロンを楽しんでみましょう。     2. しっかりお水を飲む:とてもつまらない事に聞こえると思うけど、数々のスーパーモデルのインタビューをいつ観ても、とにかくお水を飲むという事をレクチャーしています。けれどいつも思うのは、普段職場にいる間、そしてお出かけしてる間、そんなに何度も化粧室に行っていられないなという事。けれど、お家に居るのだから、今はもう遠慮なくお水を飲んで、体内の循環を良くする事ができます。トイレには若返りの神様が居る、なんていう名言があるくらい。自宅にいる時間が長いとつい忘れがちだけど、しっかり水分を補給して、ストレスを溜めない身体づくりを。     3. お料理とお菓子作り:いつもなら仕事帰りにスーパーに寄って、帰り着いたらお腹を空かせた家族の為にパッパッと夕飯の支度を。けれど、今なら少し手間のかかるお料理であっても作って試す良い機会。新しいレシピにも挑戦してみて。また皆で集まれるようになった時の為にも将来のホームパーティ用のメニューやレパートリーを増やしておこう。         4. 室内でも運動やエクササイズを積極的に:私も今はジムを休会しています。外出できないので歩く機会が減ってしまいます。けれどその代りにオンラインのバレエ教室やストレッチ、ピラティス、ダンスエクササイズをテレビの前で始めました。毎日、朝と夕方に。そうしないと、ずっとソファで座りっぱなしになったり、テレワークをしてるので、デスクで悪い姿勢になっていたりして体が鈍ってしまいます。誰にも会うこともないし、汗をかいてストレスを発散しないと、途中でなんだか壁に向かって叫びたくなってしまう。1980年代に運動生理学の研究から、心肺機能を高める運動をすると脳内にエンドルフィンが放出されて、高揚感や満足感が高まり、ストレスを緩和するとされています。Youtubeなどを利用してエクササイズの動画と一緒にやってみたり、最近では日本の有名アスリート達がエクササイズ動画をあげて元気を分け与えてくれています。    …

Continue Reading →

jaJA